常照寺年間行事案内

 お寺へお参りし、お話を聞くことを「聞法」といい、「聴聞」ともいいます。阿弥陀如来の願いを聞くのです。その聞法の場が「法要」です。お寺では季節ごとの法要、行事が勤まります。お寺の法要に足を運んでみましょう。その第一歩が亡き方ご先祖方を偲ぶとともに「本当の自分に出遇う道」です。どなたさまでもお気軽にお参り下さい。

前年の行事予定を見る

2019年

来年の行事予定を見る

1月1日(火)
0:00~0:15
常照寺ではキャンドルナイトを行います。
電気を消し、たくさんのキャンドルの中で
心静かにお勤めと法話をさせていただきます。

0:15~0:30
お楽しみ抽選会

修 正 会 ( 元 旦 会 )《講師 【常照寺】淺枝泰淳 師》

新年を祝うとともに、阿弥陀如来さまの願いの中に生かされているしあわせを喜ぶお正月の行事です。家族揃って仏さまに年頭のお参りをして新年をお迎えしましょう。

1月27日(日)17:40~18:40

寺ヨガ《講師 梶原かな女 師》

月に1回(3・8・9月はお休み)、時間は日曜の夕方。
忙しい日々をお過ごしの皆さま、ヨガで心と体を整えてみませんか?
予 約:要予約。先着20名です。
参加費:無料(常照寺門徒以外の方 1回300円)
持ち物:ヨガマット・バスタオル・フェイスタオル・
    ペットボトルのお茶or水・動きやすい服装

2月24日(日)17:40~18:40

寺ヨガ《講師 梶原かな女 師》

月に1回(3・8・9月はお休み)、時間は日曜の夕方。
忙しい日々をお過ごしの皆さま、ヨガで心と体を整えてみませんか?
予 約:要予約。先着20名です。
参加費:無料(常照寺門徒以外の方 1回300円)
持ち物:ヨガマット・バスタオル・フェイスタオル・
    ペットボトルのお茶or水・動きやすい服装

3月8日(金)昼座13:30~・夜座19:00~
3月9日(土)昼座13:30~

春 季 彼 岸 法 要《講師 【鹿児島】長倉伯博 師》

彼岸とは、仏さまの世界であるお浄土を指す言葉で、彼岸会とは迷いの岸をはなれて、さとりの彼の国に到ることを願う法要です。太陽が真東からのぼり、真西におちることから、西方の十万億土の地にあるという浄土へかえってゆかれた先祖をしのびつつ、春秋の二季、お寺では彼岸の法要が勤まります。

4月28日(日)17:40~18:40

寺ヨガ《講師 梶原かな女 師》

月に1回(3・8・9月はお休み)、時間は日曜の夕方。
忙しい日々をお過ごしの皆さま、ヨガで心と体を整えてみませんか?
予 約:要予約。先着20名です。
参加費:無料(常照寺門徒以外の方 1回300円)
持ち物:ヨガマット・バスタオル・フェイスタオル・
    ペットボトルのお茶or水・動きやすい服装

5月10日(金)昼座13:30~・夜座19:00~
5月11日(土)昼座13:30~・祝賀会【法要終了後】

宗祖親鸞聖人降誕会法要《講師 【鹿児島】村上堯信 師》

浄土真宗の開祖、親鸞聖人のお誕生をお祝いする法要です。親鸞聖人のご苦労のおかげで今わたしが仏法に出遇うことができたことを皆で慶ばせていただきましょう。

5月26日(日)17:40~18:40

寺ヨガ《講師 梶原かな女 師》

月に1回(3・8・9月はお休み)、時間は日曜の夕方。
忙しい日々をお過ごしの皆さま、ヨガで心と体を整えてみませんか?
予 約:要予約。先着20名です。
参加費:無料(常照寺門徒以外の方 1回300円)
持ち物:ヨガマット・バスタオル・フェイスタオル・
    ペットボトルのお茶or水・動きやすい服装

6月8日(土)13:30~

真 宗 入 門 講 座《講師 【築上】加耒諭 師》

「浄土真宗ってどんな教え?」そんな方にもわかりやすいお話をしていただいております。
 いま私たちは人生という旅の真っ最中です。しかしこの旅がどこに向かいどこに帰っていくのか、心から安心して帰っていく場所をいま私たちは持っているでしょうか。人はどこへ向かいどこへ帰るべきなのか親鸞聖人の教えに聞いてまいりたいと思います。

6月23日(日)17:40~18:40

寺ヨガ《講師 梶原かな女 師》

月に1回(3・8・9月はお休み)、時間は日曜の夕方。
忙しい日々をお過ごしの皆さま、ヨガで心と体を整えてみませんか?
予 約:要予約。先着20名です。
参加費:無料(常照寺門徒以外の方 1回300円)
持ち物:ヨガマット・バスタオル・フェイスタオル・
    ペットボトルのお茶or水・動きやすい服装

7月6日(土)13:30~

法の友のつどい(婦人会主催講座)《講師 【常照寺】淺枝泰淳 師》

常照寺婦人会主催の講座です。
仏教や浄土真宗のみ教えを初めて聴聞する方にもわかりやすいお話です。

7月28日(日)17:40~18:40

寺ヨガ《講師 梶原かな女 師》

月に1回(3・8・9月はお休み)、時間は日曜の夕方。
忙しい日々をお過ごしの皆さま、ヨガで心と体を整えてみませんか?
予 約:要予約。先着20名です。
参加費:無料(常照寺門徒以外の方 1回300円)
持ち物:ヨガマット・バスタオル・フェイスタオル・
    ペットボトルのお茶or水・動きやすい服装

8月3日(土)13:30~

初盆・盆・納骨堂法要《講師 【田川】田村浩州 師》

浄土真宗のお盆とは、「亡き人もこの私も、ともに同じ仏さまの世界(浄土)へと参らせていただく身であった、お別れではなかった」と気づかされる大切な法要です。
「死んだらしまい」ではないことを今聞いておくことが大切です。

9月6日(金)昼座13:30~・夜座19:00~

秋 季 彼 岸 法 要《講師 【小倉】坂本了一 師》

彼岸とは、仏さまの世界であるお浄土を指す言葉で、彼岸会とは迷いの岸をはなれて、さとりの彼の国に到ることを願う法要です。太陽が真東からのぼり、真西におちることから、西方の十万億土の地にあるという浄土へ帰ってゆかれた先祖をしのびつつ、春秋の二季、お寺では彼岸の法要が勤まります。

9月7日(土)昼座13:30~

門信徒のつどい(婦人会主催法要)《講師 【小倉】坂本了一 師》

婦人会主催の法要です。
「かならず救う、われにまかせよ」との阿弥陀如来さまの願いに改めて耳を傾けてゆきたいものです。
婦人会員の方は午前中の総会終了後、そのままお参りください。

10月18日(金)昼座13:30~・夜座19:00~
10月19日(土)昼座13:30~

永 代 経 法 要《講師 【門司】京極通義 師》

「お寺が永代に存続し、み教えが大切に受け継がれるように」という願いが込められた法要です。 お寺が永代に護持されていくこと、子や孫が、代々み教えを聞き慶ぶこと、『永代経懇志』納めてくださった方々の尊いその伝灯の懇念を受けて、お寺が営む法要が「永代経法要」です。『永代経懇志』を納められた方々のお名前、法名の軸を掲げ浄土三部経を二日間お勤めをいたします。

10月27日(日)17:40~18:40

寺ヨガ《講師 梶原かな女 師》

月に1回(3・8・9月はお休み)、時間は日曜の夕方。
忙しい日々をお過ごしの皆さま、ヨガで心と体を整えてみませんか?
予 約:要予約。先着20名です。
参加費:無料(常照寺門徒以外の方 1回300円)
持ち物:ヨガマット・バスタオル・フェイスタオル・
    ペットボトルのお茶or水・動きやすい服装

11月24日(日)17:40~18:40

寺ヨガ《講師 梶原かな女 師》

月に1回(3・8・9月はお休み)、時間は日曜の夕方。
忙しい日々をお過ごしの皆さま、ヨガで心と体を整えてみませんか?
予 約:要予約。先着20名です。
参加費:無料(常照寺門徒以外の方 1回300円)
持ち物:ヨガマット・バスタオル・フェイスタオル・
    ペットボトルのお茶or水・動きやすい服装

12月6日(金)昼座13:30~・夜座19:00~
12月7日(土)お斎11:30~・昼座13:30~

親鸞聖人御正忌報恩講《講師 【兵庫】赤井智顕 師》

報恩講とは宗祖親鸞聖人のご命日の法要です。浄土真宗寺院において最も大切な法要であり、親鸞聖人が生涯をかけてお示し下さった阿弥陀如来さまの願いを皆で聞かせていただきましょう。
最終日にはお斎(おとき)という精進料理をいただきます。

12月22日(日)17:40~18:40

寺ヨガ《講師 梶原かな女 師》

月に1回(3・8・9月はお休み)、時間は日曜の夕方。
忙しい日々をお過ごしの皆さま、ヨガで心と体を整えてみませんか?
予 約:要予約。先着20名です。
参加費:無料(常照寺門徒以外の方 1回300円)
持ち物:ヨガマット・バスタオル・フェイスタオル・
    ペットボトルのお茶or水・動きやすい服装

12月31日(火)
23:00~24:00
除夜の鐘
年越しそばのお接待

24:00~24:15
年間物故者追悼法要
修正会(キャンドルナイト)
※電気を消し、たくさんのキャンドルの中で心
静かにお勤めと法話をさせていただきます

24:15~24:30
お楽しみ抽選会

除 夜 会 ・ 年 間 物 故 者 追 悼 法 要

一年最後の締めくくりとして除夜の鐘をついてみませんか?除夜の鐘の数は108回。これは人間の煩悩の数ともいわれております。
一説には鐘をつくことで一年の煩悩を滅するともいわれておりますが、
浄土真宗の除夜会とは「煩悩をかかえずには生きてゆけない そんなあなただからこそ救わずにはおれない」という阿弥陀さまへの願いに耳を傾けるご縁と受けとめたいものです。

寒い中でありますので、どうぞ温かくされてご家族皆様でお越しくださいませ。

また、今年一年間で亡くなった方の追悼法要も併修致します。お参り出来るご家族の方は過去帳またはお位牌をお持ち下さい。